二百年酵素 (健康発酵食品)

12,190円(税込13,165円)

購入数

蔵人からの贈り物(酒造メーカーで生産)

◆伝承の知恵
その昔、造り酒屋の蔵人達は、厳冬の中で寝る間も惜しみ作業に励みました。食事の栄養価も低い当時、彼らには健康を維持し、過酷な労働に耐えるための知恵があったのです。
酒蔵の中に瓶(かめ)を据え、その中に麹や果汁、麦、あわ、ひえ、豆などの穀物、さらに生命力豊かな種子や冬の野菜、果物、海藻などを漬け込みます。
やがて、瓶の中には蔵の中に生息する酵母菌(蔵つき酵母)が自然に侵入し静かに発酵が始まるのです。
蔵人達は、発酵して出来た液体を毎日少量ずつ飲み続けました。
それは、まさに自然界の生命そのものであり「酵素」の群れだったのです。

◆酵素とは・・・
酵素は細胞に栄養を運ぶ、細胞を修復する、新陳代謝を促進する、免疫を高めるなどの働きをします。いわば身体の機能がスムーズに動く潤滑油の役目があるのです。
この酵素は加齢と共に身体から減って行くので、食事等で補う必要があります。
酵素は熱が加わると壊れてしまうため、野菜や果物など生の食材で摂取しなければならないのですが、必要な酵素を補うためには膨大な種類と量を摂らなければなりません。

◆酵素摂取には「発酵食品」が効率的
「発酵食品」は、酵素の働きを高める食品を発酵(菌や酵母などの微生物によって、素材に含まれる澱粉や糖、蛋白質などを分解・合成して人間に有益な成分を作り出す事)させたものです。発酵食品を利用すれば、無理なく酵素を体内に摂取して効率よく働かせる事ができます。発酵食品の代表的な物としては、ヨーグルト、チーズ、酒、醤油、味噌、酢、納豆、鰹節、ぬか漬け、キムチ等が挙げられますが、栄養バランスを考えますと、発酵食品ばかり大量に摂る事も出来ないので、少量で有効な物が望ましいのです。

◆秘伝の酵素、100種類余の原材料
二百年酵素は、野菜・果実・海藻・山野草など、厳選された多種類の植物を黒糖で仕込み、酒造に生息している秘伝の酵素を用いて発酵・熟成させてた健康食品です。
発酵に100種類余の原材料を使用し、各々のエキスを混合した理想的な酵素食品です。蜂蜜の様なイメージです。
長年にわたり酒造で発行をし続けてきた、歴史を感じさせる深みのある味わいです。現代人に不足しがちな酵素を手軽に摂取していただける「二百年酵素」、是非美容と健康にお役立てください。

二百年酵素は、昔から酒蔵に生息する天然蔵付酵素の力で発酵熟成した酵素ドリンクです。
酒造りという過酷な労働をこなす蔵人の健康維持を目的に開発された「植物酵素エキス」をベースに、100種類以上の厳選素材を仕込み完成しました。現代人に不足しがちな酵素を手軽に摂取していただけます。美容と健康にお役立てください。
■野菜:大根・人参・かぶ・ごぼう・玉ねぎ・レンコン・生姜・みょうが・ゆり根・わさび・もやし・白菜・キャベツ・ほうれん草・春菊・レタス・モロヘイヤ・ふき・みず菜・小松菜・チシャ・チンゲンサイ・サラダ菜・みつ葉・にら・紫キャベツ・サニーレタス・パセリ・あさつき・芽ねぎ・セロリ・カリフラワー・ブロッコリー・食用菊・竹の子・ズイキ・うど・アスパラガス・かぼちゃ・キュウリ・白うり・なす・トマト・冬瓜・ゴーヤー・にんにく・ししとう・ピーマン・ズッキーニ・おくら・じゃが芋・さつま芋・里芋・椎茸・舞茸・えのき茸・しめじ・霊芝
■果物:スイカ・パイナップル・バナナ・メロン・いちご・みかん・レモン・梅・びわ・ぶどう・プルーン・すだち・かぼす・柿・梨・パパイヤ・マンゴー・ゆず
■海藻:こんぶ・わかめ・ひじき・青のり・もずく・あおさ・あかさ
■野草:明日葉・おおばこ・甘草・どくだみ・くこ・すぎな・ウコン・またたび・びわ葉
■豆類:小豆・黒豆・いんげん・えだまめ
■穀物:玄米・大麦・はと麦・あわ・きび・ひえ・トウモロコシ・胡麻
■ナッツ類:カシューナッツ・アーモンド
・「二百年酵素」には特別に「ハーツ加工」が施してあります。飲み味もさらにまろやかになっております、受け継がれた酵母とハーツ加工のコラボレーションを是非お召し上がり下さい。


【栄養成分】 エネルギー:175Kcal
たんぱく質:0.3g
脂質:0.0g
炭水化物:43.8g
ナトリウム:2.8mg

お召し上がり方

・専用カップで1〜2杯(30ml〜60ml)を目安にそのままか、ミネラル水等で薄めてお召し上がりください。
・ヨーグルトやコーヒーなどの他の食品に混ぜたり、フルーツ等にかけてrも美味しくお召し上がりいただけます。
※酵素は熱に弱いため、加熱をしない食品と合わせてお召し上がりください。

取扱上の注意

・原材料をご参照のうえ、アレルギーがある方にはご使用をお避けください。万一お身体に合わない時は使用を中止してください。
・賞味期限を過ぎた製品はお召し上がりにならないでください。